前へ
次へ

審美歯科でのホワイトニング治療とは

審美歯科でのホワイトニング治療とは、歯の表面に付着した汚れを落として歯の色素を分解し明るさを上げることで歯を白くする治療方法のことです。
歯を削ってセラミックを被せる治療方法に対し、ホワイトニングは歯を傷付けることなく白くすることが出来ます。
ホワイトニングには2種類あり、オフィスホワイトニングとホームホワイトニングあります。
審美歯科で行うオフィスホワイトニングは、歯の表面の汚れを落としホワイトニング剤を塗っていきます。
その後ハロゲンライトやレーザーを歯に当てて活性化させ歯の色素を分解させていく治療方法です。
ホームホワイトニングとは、マウスピースの中にホワイトニング剤を入れ、それを装着することで歯を白くする方法になります。
ホワイトニング治療では、自然な白さを目指し実現するようにしますので、真っ白な歯になるわけではありません。
効果には個人差がありますので、治療をする前に医師としっかりお話をして、疑問点などを取り除いておくことをおすすめします。

Page Top